囲碁!ロック!!フィギュアスケート!!!

2017/09/13(水) | 編集



GOTTHARDのボーカル、スティーブ・リーが亡くなっていたことを今頃になって知った

近頃はCDを買わなくなり、音楽を聴く機会もめっきり減っていた
で、たまたまGOTTHARDはまだ活動してるのか気になってググってみたら
なんということか、7年も前に、不運なもらい事故で…

名盤「G.」発売後の新宿でのLIVEの興奮はいい思い出だ

R.I.P.
2009/07/24(金) | 編集
Aerosmith - The movie



アルバム『Permanent Vacation』の一番最後に収録されている曲。

始まって30秒くらいのところで聞こえる女性の声が日本語に聞こえるのがずっと気になってます。

「こんな広い世界だもの、誰かいい人見つかるわよきっと」

と言ってると思うのですがいかがでしょう?…c(゜^ ゜ ;)ウーン


2分前後のところにも女性の声が入りますが、こちらは日本語ではなく(英語でもない?)何を言ってるのかさっぱり分かりません。


歌詞カードにある
Gaelic voice-over on "The Movie" - Christine Arnott
という記述がこの声のことだと思うのですが、何を言ってるのかは書いてないんですよねぇ・・・(-"-;)


このアルバムが発売されて以来なので、気がつけばもう20年以上モヤモヤしたまんま。
そろそろいい加減にスッキリさせてくれませんか?
誰か明確な答えをご存知でしたら教えてください。

ォ願ィm(-ω-。m三m。-ω-)mシマス



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
2009/07/07(火) | 編集
CSの日本映画専門チャンネルで『デトロイト・メタル・シティ』の放送があった。

そろそろTSUTAYAで借りてこようと思っていたところだったのでちょうどよかった。^^


先にDVD化されたアニメのほうは原作に忠実に作られていたのだが、さすがに映画はそういうわけにもいかないのだろう。

代表的なシーンをいくつかつなぎ合わせて全体的にはちょっとした感動ストーリーに仕上げられていた。
特に田舎に帰ってお母さんと神社に行くくだりなんかはめちゃめちゃハートウォーミングだ。(´▽`) ホッ

しかしどぎついセリフやえぐいシーンがほとんどないばかりか、ライバルバンドとの対決もさらっと終わってしまったのは拍子抜け。
資本主義のブタはおらんしグリとグラは犬やし相川さんはたいしてひどい目にあってへんし。。。ほかにも言い出せばキリがないが、まあ実写映画の限界ということだろう。

B級娯楽映画としてはよく出来ていると思う。
加藤ローサは可愛かったしね。(*^^*)

ただ『SATSUGAI』のメロディはアニメ版のほうが好きだ。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

 / Template by パソコン 初心者ガイド arranged by 郷禄介