囲碁!ロック!!フィギュアスケート!!!

2009/03/15(日) | 編集
第56回 NHK杯テレビ囲碁トーナメント

【準決勝第1局】
結城聡九段×蘇耀国八段 結城九段の黒番中押し勝ち


右上の三々定石の変化は最近見たような・・・先週の結城×坂井戦じゃないか。

そのときは結城九段が白番で勝ったのだが局後の検討の成果を今度は黒番で試してみたということか。

それとも単に関西棋院で流行ってるだけなのか???(^ー^; )"


右上、右下と難解な戦いを制して最後に決め損なってヒヤリとしたが逆転には至らずほっとした。


さあ優勝の千載一遇の大チャンス到来。
もう対局は終わっているのかもしれんが、とにかく


ガンバレ!!!フレーヾ( ̄0 ̄ゞ)( 尸ー ̄)尸_フレー



にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gorockskate.blog84.fc2.com/tb.php/1314-891a0f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
先日放映されたNHK杯準々決勝の結城聡九段と坂井秀至八段の対局で生じたこの局面について、どうして直ちに黒は隅の白をトリに行かないのか、トリに行って黒に捨てられても白の外回りがそんなに完璧になるとは思えずちょいと納得がいかないなあ、と島谷さんが研究されていた..
2009/03/16(月) 07:57:35 | おおなかこなか


 / Template by パソコン 初心者ガイド arranged by 郷禄介