囲碁!ロック!!フィギュアスケート!!!

2007/03/17(土) | 編集
昨日のすぽるとでジュベール選手が練習で4回転を着氷する様子が放送されました。どうやら怪我の影響は大きくないようで一安心。
これで役者はそろいました。ちょっと展望して見ましょう。

男子シングルのメダル争いに絡みそうな選手を列挙すると、ジュベール、プレオベール、ランビエール、ライザチェク、ウィアー、バトル、サンデュ、高橋、織田(順不同・敬称略)といったところでしょうか。
中でも優勝候補はジュベール選手、ライザチェク選手、高橋選手の3人。この3人が完璧な演技を披露すればいったい誰が勝つのか予想がつきません。
ランビエール選手、ウィアー選手は今期の演技を見る限りちょっと苦しいといわざるを得ませんが、いい意味で予想を裏切る演技を見せてほしいと思います。
注目はフリーのプログラムを変更して挑む織田選手。昨年の全日本の終了時点では高橋選手との勝負付けがすんだという印象でしたが、彼がもし質の高い4回転を着氷することがあれば逆転の可能性は十分、大いに期待したいですね。

ペアのメダル争いは中国のシェン・ツァオ組、ジャン・ジャン組、パン・トン組、ドイツのサフチェンコ・ショルコビー組の4組。そしてアメリカの井上・ボールドウィン組、ロシアの川口・スミルノフ組に一角崩しの期待がかかります。
今期はシェン・ツァオ組の強さが際立っており、ここでも優勝はほぼ確実と思われますが、2位以下は混戦が予想されます。
特に川口・スミルノフ組は結成数ヶ月で急遽出場したロシア杯で3位、12月に川口選手の足にひびが入るアクシデントに見舞われながらも2月には国内大会で優勝して世界選手権の出場権をつかむなど今期の活躍は目覚しいものがあります。歴史の浅いペアだけに逆にまだ底を見せておらず、今大会の台風の目になるかもしれないとの期待をしていますが少々買いかぶりすぎでしょうか。

女子シングルについてはまた後日。
アイスダンスについては展望・予想するほどの知識がありません。

  にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gorockskate.blog84.fc2.com/tb.php/41-b9dc7ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
というわけで、ニュースでのジュベールを某動画サイトで発見して堪能した美輪さんですこんばんは。「応援シテクダサイ」しますとも!もちろん!(^◇^)ついでに愛犬と戯れる姿なんかも見つけてしまいました。うー、かわいい!o(≧▽≦)oそして大ちゃん、誕生日おめでとう
2007/03/18(日) 07:40:39 | 川柳つれづれblog


 / Template by パソコン 初心者ガイド arranged by 郷禄介