囲碁!ロック!!フィギュアスケート!!!

2007/11/25(日) | 編集
カップオブロシア 男子フリー

90分しかないので最初の二人はカット。
でも2種類の4回転を入れてフリー6位のケヴィン・レイノルズ選手のカットはあまりにも残念でした。(T.T)


クリストファー・ベルントソン選手
冒頭の3Aオーバーターンで2Tはノーカウント、3F-2Tはフリップで手つき、終盤のアクセルがシングルに。
楽しい振り付けでよく頑張ってます。^^

グレゴル・ウルバス選手
3Aは成功しましたが4Tは両足着氷で回転不足、その後はほとんどのジャンプがダブルになるという残念な演技でした。

アレクサンドル・ウスペンスキ選手
最初の4Tはお手つきでしたが後はうまくまとめました。
ただスピード感があまりなかったでしょうか。
本人のガッツポーズを見て、そういえばあまりミスしてないなと気づいたというのが正直なところです。

小塚崇彦選手
3Lz-3Tちょっと乱れた、3Aもオーバーターン、後はミスなくしっかり演じきりました。
ジャンプにだいぶ安定感が出てきましたね。
ステップも見た目にはすごくいい感じなんですが、スコアを見るといずれもレベル1。
それでもフリーのTESだけなら全体の1位です。
いくら前半グループだったとはいえPCSは低すぎますよね。

ジェフリー・バトル選手
二つ目の3Aが転倒、終盤のアクセルはシングル、最後の3Lzは両足着氷とジャンプの調子はまだまだでしたが、ステップとスピンだけで十分見せてくれました。

アンドレイ・ルータイ選手
3Aは決めましたが続くトーループはダブル、3Aで手をついてコンボの2Tはノーカウント、そこからはどうにか立て直しましたがあまりいい印象は残りませんでした。

ヤニック・ポンセロ選手
3A傾きながらも耐えました、次は4回転・・・と思ったら3T、3Lzはお手つき、足換えのドーナツからはミスなくまとめたかに見えましたが最後のジャンプが3度目の3T、手をつきましたがザヤックでどうせ0点だから関係ありません。

アンドレイ・グリアゼフ選手
冒頭3つのジャンプをきれいに決める、特に3Aは見事でした。
次の3Aはオーバーターンでしたがなんとか2Tへ、その後はミスもなくしっかりまとめてフリー5位。
ほぼノーミスでバトル選手の追撃をかわしての銅メダルです。v(。・ω・。)ィェィ♪

ジョニー・ウィアー選手
ほぼ完璧、3Aがひとつ回転不足になりましたが流れが止まることもなく、気になるほどのミスではありませんでした。
繊細な中に力強さをも感じさせるほどのすばらしい演技だったと思います。
ただ正直なところ、ここは必ずしも勝ちを求められる試合ではなかったので4回転に挑戦してほしかったという思いは否めません。
よほど成功率が低いのならば仕方がありませんが・・・

ステファン・ランビエール選手
3A回避、2度の4Tは手つきと転倒、終盤の3Sはオーバーターンでフリップはダブル。
ジャンプの調子が上がりませんね。これでは今のウィアー選手には勝てません。
それでもスピンはさすがに超人的で思わず身を乗り出してしまいます。
そしてステップは上半身と足がまるで別人格のようです。
この人だけはスポーツじゃなくて芸術なんですよね。
ファイナルではとりあえず3A回避しないでね。^^


リザルトページ 男子総合SPフリー
ジャッジスコア 男子SPフリー


にほんブログ村 トラコミュ フィギュアスケートへ
フィギュアスケート
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gorockskate.blog84.fc2.com/tb.php/643-143dc107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


 / Template by パソコン 初心者ガイド arranged by 郷禄介