囲碁!ロック!!フィギュアスケート!!!

2008/02/19(火) | 編集
GO!さんのブログの企画、「囲碁棋書オールタイムベストテン

入門を卒業後の初級⇒中級、中級⇒上級あたりの上達に特に役立ったと感じたものを中心に選んで見ました。


1、定石の前後 (アマの碁ここが悪い)・影山 利郎/創元社
2、打ち込み (アマの碁ここが悪い)・影山 利郎/創元社
3、布石の要点 (アマの碁ここが悪い)・影山 利郎/創元社

この3冊は甲乙つけがたい名著、繰り返し読むことで飛躍的に棋力が上昇したと思います。
アマの悪手を容赦なく切り捨て、かく打つべしとズバリ指南する。
昭和の囲碁界の雰囲気がよく分かるコラムも楽しい。
著者の没後、白江先生が続編を出版しておられますが、出来れば別シリーズにしてほしかったです。

4、よくわかる囲碁 序盤の打ちかた―ツギかたヒラキかたの急所・小川 誠子/新星出版社

広い19路盤のどこへ向かったらいいのか途方にくれた超初心者時代、貴重な道しるべとなってくれた本です。

5、ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習・趙 治勲/MYCOM囲碁文庫
6、ひと目の手筋―やさしい問題を反復練習・趙 治勲/MYCOM囲碁文庫

この2冊は初心者必携ですね。

7、よく分かるヨセの基本・趙 治勲/日本棋院新書
8、強くなるヨセの知識・趙 治勲/日本棋院新書

難しいと敬遠しがちなヨセの計算をこれほど分かりやすく教えてくれる本を自分は他に知りません。

9、定石はずれのとがめ方・大竹 英雄/土屋書店
10、中盤で大差をつける定石後の打ち方・武宮 正樹/土屋書店

"定石"を本当の意味で理解するのに役立つ2冊です。

にほんブログ村 トラコミュ 囲碁へ
囲碁
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gorockskate.blog84.fc2.com/tb.php/739-f301a9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


 / Template by パソコン 初心者ガイド arranged by 郷禄介