囲碁!ロック!!フィギュアスケート!!!

2008/06/04(水) | 編集
閉鎖が取りざたされた臨海スポーツセンターの当面の存続方針が示されました。

思えば全国でリンクの閉鎖が相次ぐ状況の中で、大阪府の臨海スポーツセンターの閉鎖方針を受けて荒川静香さんや高橋大輔選手など元・現選手7人が記者会見を開き、リンクの存続をアピールしたのは5月のはじめでした。

その際荒川さんは「小さい選手がリンクを失うのは夢を奪われることになる」と訴え、高橋選手は「これから出てくる才能ある選手にとって悲しい現実」と語りました。


さて、リンク存続に向けた活動が広がりを見せる中、あるコーチによる耳を疑うような事件が明るみになり、そして今日ついにそのコーチが逮捕され、酒井容疑者となりました。


フィギュア元コーチ、教え子への強姦致傷容疑で逮捕…名古屋/YOMIURI
「ただただ驚き、残念」 沈痛、困惑の協会理事長/SPORTSnavi

当然、スケート連盟から何らかのリアクションがあってしかるべきですが、今現在あろうことか「インストラクター協会が別組織である上、まだ詳細が分かっていない状況ではコメントする立場にない」としています。

また酒井容疑者が所属していた日本フィギュアスケートインストラクター協会においてもHPから名前と写真(当初は写真だけ)が削除され、佐藤信夫理事長が「事件は非常に残念。事実がはっきりした時点で対処したい」と話すにとどまっています。

この対応には正直言って大いに不満です。

事件の真相究明は捜査当局に任せるにしても、スケート連盟及びインストラクター協会として他にやるべきことが何もないということはありません。


では今、何をすべきなのか。

にほんブログ村 トラコミュ フィギュアスケートへ
フィギュアスケート
にほんブログ村 トラコミュ 高橋大輔へ
高橋大輔
にほんブログ村 トラコミュ 荒川静香へ
荒川静香
まず同様のケースがほかにないのか速やかに調査すること。
さらにその過程と結果のすべてをオープンにし、選手や子供たち、さらにこれからスケートを習おうとしている子供たちやその親の不安を払拭することです。
そうすることで誰もが安心してスケートに取り組める環境をつくらなければなりません。

すでにやった、あるいはやっているという反論があるかもしれませんが、私のようなスケート関連のニュースを熱心に読んでいる人間が知らないのだから、おそらく普通の人は誰も知らないでしょう。

それではやっていないのと同じことです。
スケート界の内部にだけ向けてやったのでは不十分なのです。


「子供たちの夢を壊さないため」に、そして「悲しい現実」を再び生まないために、スケート連盟及びインストラクター協会は事件発覚後に何をやったのか、そして今後同じことが起こらないために何をするのか を早急に外部に向けて明らかにしていただきたい。
もしそれが出来ないのならば、それはリンクがなくなることと大差ありません
そして近い将来再びリンクの廃止が取りざたされたときに「子供たちの夢を壊さないで」と訴えても説得力を持たないでしょう。

念のために付け加えますが、被害少女に対して出来うる限りの誠意を尽くすのは当然のことです。
しかしそれだけで完結する問題ではないのです。
広く世間一般に対して二度と同じことが起きないというはっきりとした根拠を示すことができなければ、これからスケートを始めようとする子供がいたとしてもその親は安心してコーチに預けようとは決して思わないでしょう。
一度失った信用は並大抵のことでは取り戻せないのです。



スケート連盟及びインストラクター協会が子供たちの夢を壊さない存在であることを強く願ってやみません。


にほんブログ村 トラコミュ フィギュアスケートへ
フィギュアスケート
にほんブログ村 トラコミュ 高橋大輔へ
高橋大輔
にほんブログ村 トラコミュ 荒川静香へ
荒川静香
関連記事
この記事へのコメント
こんばんは。
初めて書き込みさせていただきます。<(_ _)>
いつもブログを拝見させて頂いております。
私も本日のブログの内容に全く同感です。
特に今後同じような事件が起きないように何をするのか?というのを広く知らせるというのは本当に必要ですよね。
日本に有望な選手が沢山出てきて、その影響でスケートを習いたがっている子供達が増えている昨今の現象を持続させる為にも
親御さんに安心して習わせる事ができる環境作りは必要だと思います。
それにしても、被害者の女の子が受けた心の傷を思うと、本当にこんな事件を起こしたコーチは許せませんね。
2008/06/05(木) 01:04 | URL | くるくる #-[ 編集]
くるくるさんこんにちは
コメントありがとうございます。

これからスケートを始めようとする子供たちのために、そして被害者の勇気ある告発を無駄にしないためにも、再発防止策は最重要課題だと思うのです。

容疑者に対する憤りは誰しも同じ、こぶしが震える思いです。
2008/06/05(木) 10:51 | URL | 郷禄介 #CTixW4pY[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gorockskate.blog84.fc2.com/tb.php/913-ed734a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


 / Template by パソコン 初心者ガイド arranged by 郷禄介